死なないためのヒキコモリ日記

ヒキコモリ生活中心に何でも書いてしまえ的な日記。死なないために綴るのだ

このブログの目的

今週のお題「私がブログを書く理由」。ちょうど今日から始めます。よい時に思い立ったようです。

 

私がブログを始めようと思ったのは、死んでしまいたいと

思ってしまったからです。

 

突然センセーショナルな告白ですみません(^-^;

 

正確にいうと

そんな思いをするのに疲れたから、ブログを書いてみることにしたのです。

吐け口ですね

 

私には2015年度というものはありませんでした。

ひきこもりになってしまっていたのです。(今も継続中)

詳しいことは後日書きます。 

 

一年中現実から目を背け続けてきた。

逃避です。

隙を与えず娯楽漬けの日々。

同んなじようなことの繰り返しで、一昨日と先週の区別も曖昧になって。

 

気がついたら、本当に思考がストップしてしまっていた

何も考えないでいることができる状態。

これってわかりますか?

ぼうっとしているわけでもないのに、頭の中に虚空が広がっている感覚。

そこへすぐに不安感が満ちてきて、新たな娯楽に酔わなくちゃ狂いそうになる。

禁断症状だ。

 

これはいけない!

 

毎日それは思うのです

それでもなかなか抜けられない

ときどき正常な知的好奇心のようなものが浮上することがあります。

そういうときはちょっといい気分になります。

 

昨夜がちょうどそんな時でした。

私は一年振りに私の将来のことを考えてみたのです。(もっと久々かもしれません)

昔からうっすらと憧れていた職業

 

映画監督

 

私は昔から映画が大好きで、自分の感性なら素敵な作品が撮れると、何となくそう思っていました。

(高慢かもしれませんが今でも思うんだ)( ̄□ ̄;)。

調べていると映像専門学校というものを知りました。

志し同じくした仲間たちと映画を撮るのだ!

これは私の逃してきた青春ではないか。

ロマンチックな群像劇が、私の頭の中で展開していきました

 

ダッダッダッダッダッ、

全体、止まれ!

我々は

現場実践主義者である!

映画に必要なものは何であるか!

は! 「実績」と「人脈」であります!

さらにはコミュニケーション力!人間力!そして社会人としての.....

 

カッツ!

....はあ。

そらそうだ

それから逃げてきたから俺はこんなことになっているのだった。

私の素敵なフィルムは燃え尽きた。

はっきりと想像できたのは

実に人間じみた撮影現場で、年下の学生と絡めない自分。

スタッフと意志疎通図れない自分。

白板抱えたADさんに突き飛ばされる自分。

現場で右往左往して......

 

バカなんです。

そんな想像で挫折するなんて。

でも泣きたくなった

そんな心の弱い自分がふがいなくて、

もっと泣きたくなった。

 こういうときはどうしても死がよぎる....

癖になってしまっているのだ

 

 そんな私の心を軽くしてくれたのが、

ニートやひきこもりの方が書いてらっしゃるブログでした。

専門学校の体験ブログを探していたら偶然出くわしたのです。

 

私と同じような境遇の方が結構いたのです!

今まで知らなかった。

いろいろ読ませてもらっているうちに、なんだかとっても元気になれたんです。

っていうのも(失礼ですが)意外にも前向きな方が多い!

私には皆さん輝いているように見えたのです

でもやっぱり抱えているものがあるのです

それを赤裸々に語れるなんてカッコイイ!

 

私もまずはそうなりたい。なんて思いました。

 

 

えらく長くなってしまいましたが、私がブログを(これから)書く理由は

同じような境遇の人に僕の存在を知ってほしい。

っていうのと

思考のリハビリですね。

 

いつまで続くかわかりませんが、よければコメントお待ちしております(^-^)