死なないためのヒキコモリ日記

ヒキコモリ生活中心に何でも書いてしまえ的な日記。死なないために綴るのだ

考えがまとまらないので適当に書きなぐってみた

あー、3日?4日?もあいてしまった。

毎日書くつもりだったのに....

また頭がぐちゃぐちゃになってしまったから

 思いつくように書いてみよう。

ブログに書いておいてなんですが、

ろくなこと書いてないのであんまり読まないで(ノ´□`)

 

 

今の状況(ひきこもり)から抜け出すということは、どういうこと?

あこがれ

このままの状態じゃいけないことはわかっている。それじゃどうなりたいの?どうなるのが理想?運よくこの先就職できたとして、それで解決?ちがうよなあ。たとえよい企業に就職できたとしても俺の心理状態は変わらない気がする。そりゃいくらかはマシになるだろうし、一応の世間体も保てるわけだから、そこにあんのんとしていられるかもしれない。でも!いつかふとした瞬間に絶対に俺の心に浮かんできて、後ろ髪を引くものがある。それはなに?いままでも何度かあったこと。それでこんな状況になってるんだろ。それは、あこがれ?きっとそう。もやもやとした色々なものに対するあこがれが、俺の心を占領して、その瞬間のもしかしたら幸福かもしれない状況をひどく後悔するように仕向ける。あの時あれをやっていれば、ずっと続けていれば、少しでも嗜んでいれば.....今の状況はかなり違ったに違いないと。後悔。後悔。何も真剣に取り組んでこなかったことに対する後悔。やりたいことはいっぱいあった、あこがれているものはいっぱいあった、なのになんでやんなかったの?誰に反対されたわけでもない。金銭的に乏しかったわけでもない。俺をあこがれから引き離すようなものは別に何もなかったはずなのに。なんで?なんで何にもできないの?なんにもしてないの?まだできると思ってんの?思ってる。じゃあなんで今からでもやらないの?もう遅い気がする。いまさら何を始めても、遅いんじゃないか。そういやいつもそんなことを思っていた。高校のときも、大学3回生のときも、去年だって、今から考えればあの時やっていれば決して遅くはなかったはずなのに......。今は?今は?まって。ちょっとまって。なんで遅いと思ったんだろ?遅いと思ったというか、いまさらこんなことをしてる場合じゃないと思った、かな。そんなことしてる暇があったら、もっとすべきことがあるんじゃないの?って。踏み込めなかった。踏み出したことはある。たとえばギター。父のエレキを借りてちょっとやってみる気になった。が、そのうちに段々と、そんなことしてる間にアレをやればアレが上達するのに、とか色々なものに対する自分の可能性に目がいって集中できなくなる。いまソレに取り組んでいるということは、アレに取り組む時間を無くしているわけだから、つまり自分の可能性をひとつ潰しているわけだ。なんてことを考えてしまう。そんな才能あふれる人間であるはずもないのに....。結果、なにかひとつに真剣に取り組むということができないまま、色々な可能性をちょっとずつ探って、どれひとつものにできなかった。二兎追うものはってのがまさにそれで、つまり欲張りだ。いや、傲慢かな。何でもできると思った。それができている人がいるんだから、俺にできないはずない。なんてたぶんそういうふうに考えていた。他人を見下してたんだろうか?他人を関心させたかっただけだろうか?単純にみれば、ただ好奇心旺盛で、飽きっぽかっただけかもしれない。でもやっぱり、好奇心の背後には「おれだってできる」という慢心があたように思うし、飽きてしまうのは「今こんなことしてなんになる?ほかに可能性があるよ?」という中途半端な欲深さがあったからだと思う。そんなことを繰り返しているから、いつまでたっても頭のどこかでいろんなものに対するあこがれがモヤモヤと後を引いてるんだ。それで前に進めない。なにをしていても、あの時あれをしていれば....というありえたかもしれない自分を想像して、そうではない現在の自分に絶望する。後悔。後悔。ずっと後悔がわだかまって、このも先それが邪魔するんだろうな。そこから抜け出すにはどうしたらいい?後悔を払拭するにはなにをすべき?なにか仕方があるはずだ。たぶんやるべきことは、、あこがれにけじめをつけること。どうやって?たとえばおれは以前からシンセサイザーにあこがれていた。大学生のころ何度か始めてみようと思ったけれど、お金がかかりそうだし、いまそれをやってどうなるの?って思いもあって、しかも上達しなければその時間と金が無駄になるじゃん、なんてウジウジ考えて結局やらずじまい。でもあこがれは残ったまま。だったら思い切ってやってみろ!ってことで最近ちょっとDTMというものに手をつけてみた。これは意外とお金がかからないし、始めるだけなら手軽にできた。これを続けてみよう。満足のいくまで打ち込んでみよう。少なくともあきらめがつくまでやり続けること。一番いけないのは中途半端に見切りをつけること。そうしたらまた来年あたりに、ああ、あの時から続けてればちょっとは上達したろうに....と後悔するに決まってるんだから、いませっかくひきこもりニートでたっぷりある時間を、今までのあこがれに費やそうよ。ちゃんとけじめをつけよう。なんとなく諦められないんでしょう?だったら満足いくまでやってみろ。そんなことこそ大学時代にやるものだという後悔の念はこの際わすれろ。計画的にあこがれに打ち込め。そしたらきっと何かすっきりする気がするよ。.....これってワガママ?やりたいことをある程度我慢して働くのが社会人なんじゃないの?だれだってそりゃあこがれはあるだろうさ。おまえだけ働かずに好きなことするの?今までなにもしてこなかったのは事実だし、それを認めないと。そういう自分も認めないと。理想とは違う自分も受け入れないと。働きながらでも趣味の時間はあるのよ?歳とってからでもできるんじゃない?...............んー。でも。そうだけど、そういう自分をおれは一度受け入れた、はずだった。いろいろ悩んで、考えた結果、ありのままの自分をしっかり見つめる決心をしたはずだ。でもその精神を結局保てなかった。だから現状があるわけで.....。もう一度?んー、怖い。なにも持っていない自分を世間にさらけ出すのが怖い。自信がない。心に芯がない。自分のなにを拠り所にしていけばいいの?自分の低脳さを感じてしまったとき、何にすがったらいいの?おれは劣等感を感じるのが怖い。それってすっごい臆病。自分にないものを他人に見たとき、すぐひけを感じるしすぐ嫉妬する。それがもしかしたら変なあこがれの原因かもしれない。おれだってできる。そのわりに努力をしない。けっかできない。だからずっと羨む。常に劣等感を感じる。ダサい。これはかなりダサい生き方だ。おれってそんな生き方してきたかな?いま悲観的になっているだけだろうか?わからん。

 とにかく、今のおれにできることは、ひとつでもいいからあこがれにけじめをつけること。ずっと尾を引く後悔の念をちょっとでも断ち切ること。そしたらなんか見えるかもしれない。

 

家族

 内面的な解決法はそれをやっていくとして、もっと早急に解決すべきことは。家族との関係。ここ一年まともに喋っていない。ほとんど顔さえ合わせてない。これは我が家にとってかなり異常事態なんだけど、これは原因である俺が心を開かないことにはどうにもならない。家族はきっと受け入れてくれるはず。優しいから。だから後は俺がなんとか、少なくとも家のなかでは今まで通りの自分に戻る努力をしなくちゃ。なんでこんなことになったかというと、仕事を放棄してひきこもってしまった自分の姿を見てほしくないから。どうしたら戻れるだろう。やはりまずは今の自分を自分が受け入れないことには、なにも行動できない。まだダメそうだ。でもブログを始めてすこしずつよくなっているのは確かだ。今月はカウンセリングに行ってみようかな。去年の5月に3回ほど行ったきり行かなくなってしまったから。別の病院にしようか......。

 

通院

 自分が精神的にどこか普通でないことを認めないといけない。思い返すと高校生のころから気分に変なムラが出始めたけれど、これまでそれがちょっと異常だということを自分では認めずにきた。自分の弱い部分を絶対に人に見せたくなかったから。家族にも。だからなんとなく誤魔化しながら生きてきてしまった。それがよくなかったか。今でも、自分がひきこもりになってしまっていることを誰にも知られたくない。たとえ立ち直れたとしても、そのような過去を人に話すことができるだろうか。そうなれば随分気が楽になるような気がするが。とにかく病院には行こう。

 

まとめ

今の状況(ひきこもり)から抜け出すにはどうすればいいか。

・家族や友人関係を取り戻す。

・あこがれにけじめをつける。

・通院してしっかり自分と向き合う。